ストーリー構造

【考察してみた】桃太郎のストーリー構造

桃太郎 ストーリー構造

こんにちは、ユキノスケです!

 

この記事では、

・桃太郎のストーリーの構造ってどんなもの

・桃太郎のテーマとは何か

 

という疑問に答える内容になっています!

 

 

スポンサーリンク

■1.【桃太郎】のあらすじ

 

ここで記すあらすじは「桃から生まれる」という標準的な桃太郎のストーリーです。

 

昔々、あるところにおじいさんとおばあさんが住んでいました。

ある日、おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行きました。

おばあさんが川で洗濯をしていると、川の上流からどんぶらこと大きな桃が流れてきました。

おばあさんはその桃を持ち帰り、おじいさんに話しました。

その桃を食べようと半分に割ると、中から元気な男の子が出てきました。

おじいさんとおばあさんはこの男の子に桃太郎と名付けました。

 

その後、成長した桃太郎は悪事を働いている鬼の話を聞き、鬼退治に向かうことにしました。

出発の際におばあさんからきびだんごをもらいました。

鬼の住む鬼ヶ島へ行く道中、キジの3匹に出会い、きびだんごを渡すことで仲間になってくれました。

そして、鬼ヶ島へ着き仲間と共に鬼を退治し、鬼から金銀財宝をもらいました。

その後、おじいさんとおばあさんの住む家へ帰りました。

 

■2.【桃太郎】のストーリー構造考察

 

桃太郎のストーリーの構造は以下のように考察しました。

 

主人公が目的のために旅に出て、
仲間を集めつつ、力を合わせて目的を達成し、
元いた場所へ戻ってくる

 

様々な物語の中でも王道といえる構造になっていると考えます。

 

この構造では、旅に出る前戻ってきた後で主人公に変化を付けることで「主人公の成長」を描くことができます。

 

桃太郎の場合

〇旅に出る前

・一人である

〇戻ってきた後

・仲間がいる
・金銀財宝を手に入れる

 

スポンサーリンク

■3.【桃太郎】のテーマ

 

悪い鬼を退治するという点から、

勧善懲悪(善を勧め、悪を懲らしめる)

だと考えられます。

 

様々な物語の中でよく使われる、王道のテーマといえるでしょう。

 

■4.まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今回は桃太郎のストーリー構造とテーマについて考察してみました。

桃太郎という物語は、

 

〇ストーリー構造として、

「仲間と共に目的を達成する」

〇テーマとして、

「正義が勝つ」

以上の構造とテーマを持つ作品だと考察しました。

 

桃太郎のストーリー構造は、王道中の王道といえる物語だといえるでしょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

スポンサーリンク

-ストーリー構造
-

© 2021 ユキノスケ Blog Powered by AFFINGER5